【最新情報】温室効果ガス削減 −努力が成果にー

             2018年度(平成30年度)温室効果ガス排出量について

 

1.温室効果ガス総排出量

2018年度の日本の温室効果ガス総排出量は12億4,000万トン(二酸化炭素(CO2)換算)でした。

温室効果ガスの総排出量は、図1に示すように2014年度以降5年連続で減少しており、2018年度は

排出量を算定している1990年以降では最少でした。

排出量が減少した要因としては、エネルギー消費量の減少(省エネ等)により、エネルギー起源の

CO2排出量が減少したこと等が挙げられます。

総排出量は減少しているのですが、エアコン等の冷媒におけるオゾン層破壊物質からの代替に伴う、

ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)の排出量は年々増加している点は注意が必要です。

 

                                        表1 温室効果ガス総排出量の変化

年度

温室効果ガス総排出量

2018年度との比較

2005年度

13億8,200万トン

2018年度は10.2%減少

2013年度

14億1,000万トン

2018年度は12.0%減少

前年(2017年度)

12億9,100万トン

2018年度は3.9%減少

2018年度

12億4,000万トン

 

注)日本の削減目標は、2030年度までに、2013年度比で26%削減です。

 

                                        図1 日本の温室効果ガス排出量(2018年度確報値)

 

 

2.部門別排出量

 前年度からの二酸化炭素の排出量に関する主な増減の内訳は以下のとおりです。

 

                                         表2 二酸化炭素排出量の部門別割合

 

全体に対する割合

前年度からの減少量

減少の割合(%)

産業部門(工場等)

35.0%

1,190万トン

2.9%減

運輸部門(自動車等)

18.5%

190万トン

1.4%減

業務その他部門(商業・サービス・事業所等)

17.2%

1,380万トン

6.6%減

家庭部門

14.6%

2,070万トン

11.1%減

エネルギー転換部門(製油所、発電所等)

7.9%

72万トン

0.8%減

非エネルギー起源CO

6.9%

110万トン

1.4%減

 

家庭部門は昨年度対比では減少傾向ですが、図2に示すように家庭部門(水色)や業務部門(紫)

は1990年度以降増加傾向で推移してきており、まだまだ減らす余地があります。

                                                  図2   部門別二酸化炭素排出量の推移


0